~ウラサの日記~

ティファールでバゲット

2017.10.12.13:11

バゲットが焼けました。
ライ麦を少し混ぜたタイプです。
おいしいです。(^O^)
豆乳ヨーグルトをたっぷりつけて頂きました。

ハード形のパンに驚いて
この機種を投げる人が多いようで
中古品がたくさん出ています。
おかけさまで安く買う事が出来ました。
音は、うるさいです。
洗濯機なみです。
集合住宅に暮らす方は、
気になられるかもしれません。
私は、一軒家なので気になりません。

初めてパナソニックのホームベーカリーで
焼いたパンは、何というか、
出来立てではあるのですが、
味が無くて出がらしのお茶というか
スカスカしていてうま味を感じませんでした。
それが過発酵と理解してから
早焼きコースで焼くようになりました。
すると、味がするのです。
それからすると、このバゲットはしっかり小麦と
ライ麦の香りがして顔がほころびます。
トマト酵母をスタンバイして酵母液を使う予定
でしたがすっかり忘れていました。
パンケースを使う田舎パンも焼いてみます。

あ~しあわせ(#^.^#)

スポンサーサイト

手前味噌

2017.10.10.08:54


味噌が出来ました。
ヨーグルトメーカー5日くらいで
このくらいの色です。
私のメーカーは温度設定が出来ないタイプですが
問題ありませんでした。
ボイルした豆と米麹と塩を混ぜて
後は待つだけです。

市販のボイルした豆を使う人もあるようです。
味は、甘みのあるまろやかな白みその感じです。
塩は粟国の塩と足りなかったので
お土産にいただいた屋久島の塩をブレンドです。

手前味噌ですが,美味しい(*^^)v
私の好きな味です。
意外と簡単でした。
ミンチを挽くミンサーも
大豆を挽くのにちょうどいいです。
味噌つくりの為に購入する方も
結構いらっしゃるようで…
使ってみてなるほどと思いました。
やっぱり自分で見届ける食物っていいですね。

大豆のデメリットと塩のデメリットを麹を
使って変容する…
日本と言う土地がそう言う質を
育むのでしょうね。

インドでは、米と豆が主食ですが、
大豆はめったに食べられることがありません。
栄養素は詰まっていても消化が悪いのと
アルカロイドも多いからです。
体内で栄養に変換できてこそです。
アーユルベーダでは、
好ましくない食品とされています。
唯一テンペと言う納豆に似た発酵食品だけは
食されています。

日本人は大豆を、味噌、醤油、納豆など
発酵させて使ってきました。
先人の直観力の賜物です。

私の身体は、直接塩を取ると筋肉に
痛みを生じます。
それが分かったのは、おにぎり中心の食事で
塩をたっぷり使うと決まって体が痛むからです。
肉体の言語ですからそのまま受け入れています。

化学塩は生成しすぎて問題ですが
にがりも多すぎると問題です。
特に昔の塩はにがり成分が多かったはずです。
引き締めすぎて腎臓に負担がかかる分
体が小さかったですよね。
だけどそのピリリとした質に
恩恵もたくさんあります。

今のように精製技術が
進んでいなかったで時代…
そこで知恵が働きます。
直接、肉体に作用させる前に
たんぱく質にぶっつけてから使う…
それが味噌や醤油になったのだと思います。
そこからの塩分はまろやかで優しいです。
夏バテ対策の「梅醤油番茶」なんかも塩分を梅と
醤油で摂取するところに意味があると思うのです。
そして発酵させると大豆の毒素も分解されて
一石二鳥です。
縦のサイクルですよね。

日本とインド、離れていても知恵の使い方は
同じようになっています。

私は肉体がそう言うので、できるだけ塩分は
発酵食品から取るようにしました。
子供の頃、醤油で塩分を補給していたのは
きっと本能的だと思います。
今は添加物の問題もあり出来るだけ自家製で
自分が見届けたものを使う必要がありますね。

年齢を重ねると好みも変わります。
消化の良いものが食べやすくなります。
パンも国産小麦に変えたころから風邪を
ひかなくなりました。
一時期、輸入小麦に戻したら
のどが痛くなり鼻水が出て、
風邪の症状になりました。
本当に久しぶりのことでした。

そこで国産小麦に戻すと、すぐに戻りました。
夏風邪が長引いて不思議だったのですが直観的に
輸入小麦だと感じたのです。
ポストハーベストですかね~
そのことがあったので、時々頂く麺類も
できるだけ国産小麦にしています。
そしてパンですが、柔らかいふわふわのものは
何だか美味しいと感じなくなりました。
ハード系のパンが好きになりだしたのです。
パンの耳が好きになりだしたころからです。

欧州の人は、日本の白パンに驚くそうです。
ドイツの生活が長い日本人の人も、あの白パンは
食べられないと言っていました。
食べた後、口の中にまとわりつきますよね。
消化の時もそうなるわけで
ハード系のしっかり火を通したパンの方が
消化にとても良いのです。
最近は体が、
そちらのパンを美味しいと言います。(#^^#)

そう言う変化もあるのですが
パナソニックのホームベーカリーが15年くらいに
なり、そろそろ買い替えの時期なのです。
液晶画面が見えづらいだけで使えますが、
欧州系のハードパンの焼けるティファールに
目をつけていました。
中古品ですが全部そろっているものが
5000円くらいでしたので注文しました。
このホームベーカリーは、トレイがついていて
バゲットが焼けるんです。
美味しいそうですよ。
国産品は500ワット前後ですがこれは
確か1200ワットで焼き上げます。
オーブンを使わなくて済みます。

使いこなすまで多少時間はかかると思いますが
まあ、楽しみますよ(*^^*)
また、アップします。








大切なプロセス消化

2017.10.07.06:52

にしきさんから国産大豆の差し入れがあったので
味噌を作っています。
ヨーグルトメーカーで発酵を待つだけの
簡単な方法です。
二日目ですが、今のところ
腐敗した様子はありません。

子供のころから豆は大嫌いで、大豆なんて
「人の食べるものか?」と言う感覚でした。
食べることが出来たのは、発酵させた味噌と醤油…
味噌はそのままでは駄目なのに
味噌汁なら食べることが出来ました。
だけど、醤油は大好きで
何でも醤油をつけていました。
マヨネーズもソースもケチャップも
嫌いでしたから…

今思えば、その本能で生きて、
何の問題も無いと言うか、
むしろ正解だったように思います。
自分自身を生きるのですから…

植物は動物から身を守る為、
逃げることが出来ない分、毒素を作ります。
私はそのアルカロイドに良く反応するのです。
最近は科学的にものを言うのが正解のように
洗脳されていますが、
その癖によって直観を失うのです。
科学的には、大豆は栄養価が高いけれども
非常に消化が悪く
アルカロイドも多いとされています。
植物のアルカロイドは薬としてもと使われますが、
取りすぎは問題を起こします。
基本的に楽に消化が出来ることが大切…
消化です消化…

消えゆくアートと和尚が言っていましたが
起こることを洞察すれば
見えてくるものがあります。
この力こそ生命力の源…

なのに人はダイエットとか言って
消化の悪いものをたくさん食べようとしています。
腹持ちが良く血糖値が上がらないから
と言うことで…
調子が悪いならお粥が一番です。
消化に使う消化力を問題の部分に
回すことが出来るからです。
猫は、調子が悪いと絶食します。
動物は本能でそうなるわけで
知識でしているわけではありません。

今の時代、日本ではそのダイエット食品の主力が
大豆ってとこでしょうか?
マインドはいつでも思い込み、
行き過ぎてしまうので気を付けてください。
加熱する貨幣経済の犠牲にならないように
良く洞察して…

毒素を分解(消化)するのは発酵プロセス…
酵母の神様がへそを曲げなければね!(^^)!

マインドが思い込んで投影する癖を利用して
風味調味料とか作られています。
「微生物が作るから安心です」
とか言いくるめられて…
○○エキスとか…

ペニシリンと同じでそのプロセスの中で
抗生物質ができてしまうものがあるのです。
奴らはそこは、言わないのですが…
無意識な人々の食生活は、抗生物質を食事から
たくさん取らされていることになります。
家畜の飼育も魚の養殖も抗生剤たっぷりです。
そして加工食品もね…
そうすると生命力から遠くなるので
色々な問題がでます。
マインド現象で思考を消化できなくなると
精神的な障害が自分を苦しめます。
たんぱく質が足りているので長生きできても
それは不幸達成のゲームの中でのことです。

「瞑想とは消えゆくアートだ」
とは和尚の言葉ですが、洞察すればするほど
それがあるからこそ美しいと涙がこぼれます。
自然を先生にするには、目撃することです。
そしてそこから「質」を見抜くのです。
それは氷、水、水蒸気とエネルギーの(次元)形態が
変化しても貫かれているものです。

豆乳もおからもきなこも煮豆も食べることが
出来るようになりましたが
それはマインドからくるものです。

今でも、大豆は醤油…
私の身体が好むのはそのくらいです。

生命力があると腐敗しないで枯れていくものです。
いつかは身体を大地に返すのだから
消えゆくプロセスをアートとして
目撃しましょう。(#^.^#)


失敗は成功の基

2017.09.30.21:45

ホームベーカリーの4時間コースで
フランスパンレシピを焼いている人がいました。
私は薄力粉を使うので無理かもしれないけれど
塩と水だけのパンを焼いてみました。
250gの内30gを全粒粉にして…
そうしたら失敗で膨れませんでした。
だけど食べてみるとドイツパンのようになって
美味しい…

失敗は成功の基…
多くの発明が失敗から生まれているパラドックス…
美味しくてペロッと食べてしまったので
次を焼くことにしました。
パンを焼くのに「膨れないでくれ」と願うのは
もちろん初めてです。


↓こちらAmazonで売っているドイツパン
http://amzn.to/2yzoiGT

写真のパンは2回目の分ですが味が
違ってイマイチです。
パン作りって本当に微妙に材料の質が出ます。
前回はにしきさんからおみやげにもらっていた
オーガニックの全粒粉石臼式を使いました。
30gくらい入れるだけで美味しくなっていました。
それが最後だったのでご近所のスーパーで
北海道産の全粒粉を購入しました。
たった30gなのに味が全然違います。
あのお粉を使うととにかくしっとりしていました。
やっぱり石臼式のマジックかもしれません。

だけどこの焼き方気に入りました。
塩だけのパンが美味しいです。
次回は石臼式のお粉にしてみます。



消化することの大切さ

2017.09.28.05:03

もし、肉体レベルで永遠に死ぬことが出来ないと
物理次元は大変なことになります。
物が消えていかなら
使える空間はどんどん減ってしまいます。
けれどマインドに同化が激しいと、冷静に洞察できないで
死ぬことを忌み嫌い、病気と闘い神に祈ります。
質が落ちたまま戦いでエネルギーを使い、
さらに質を落とす…
物理言語で分かち合うのは無理がありますが、
相対の言語を使うなら、神の質とは、
全てを水に流せるような愛の質であり
悪魔的な質は、握りしめて破壊を拒むような質です。
究極まで行くなら、
万事休すで、何の問題もありませんが、
一歩手前の黒魔術的なエネルギー状態は
覚醒における最後のトラップと感じます。
ヨガ的な能動のアプローチは、これを自覚するので
それで、なかなか最後のトラップを
超えられないのだと思います。
引き寄せの法則の危険性を
過去記事で分かち合ってきましたが、
ここに精通しだすと、黒魔術で終わります。
無意識な人からすれば、とても意識的です。
擬人化してルシファーとか呼ばれたりします。
鶴と亀がひっくり返ると物事反対に見えますが
願いを叶え続けるのがルシファーで、
水に流してくれるのが全ての全て生命愛です。
意識は紙一重ですこぶる高いので、ちゃんと
覚醒していないと、魂をルシファー化されますよ、
!(^^)!
ゾンビと言う擬人化も縦への循環を拒否して
永遠に死ねない執着を表していますね。
リフレッシュしないのだから、
質は落ちるしかありません。
生命現象とはゼロサムゲームです。
科学は、死から逃げる為に使われるので
そうなると、黒魔術化です。
瞑想は、肉体にしがみつかないように
本質に気づかせる生き方です。
生命全体の流れを目撃すると、
「世界から猫が…」の
重要なポイントが分かると思います。
だけど、作者は、気がついていないかもしれません。
映画化を見てそう思いました。
何かが消えることで、何かに回ってくるのです。
ある人の死は、ある人の誕生をエネルギー的に
支えることになります。
肉体で消化活動が上手くいかないと
色々な問題が起こります。
質は、縦の次元を貫いています。
だから、思考を無意識にため込むと
精神に問題が起こります。
思考を消化できない状態です。
精神的な病は、ごちゃごちゃになったマインドです。
瞑想で毎日消化して下さい。
気になることが消えるまで見届けて下さい。
そうすることでしか自分を取り戻せません。
瞬時にバランスを取ろうとする生命の中に
私たちは存在します。
だから、エゴで欲張らないで下さい。
願掛けしなくても起こることが起こりますから…
これを気づきとして生きて見て下さい。
今の地球は、黒魔術が勝っていて人口が増えすぎです。
バランス力が働くなら、
これから人口は減っていくでしょう。
事故や災害で多くの人が一度に亡くなっても
それは悪いこととか、そういうエゴ的な解釈で
見ないで下さい。
エネルギー的に見れば、人口増加の分
他の生き物と大地は死んでいきます。
自然破壊と人口増加は、ゼロサムゲームです。
エネルギーの流れに精通しだすと、
これを理解の上で黒魔術を実行する人々がいます。
例えば、人を死なせないために地球を砂漠化し
他の生物を消していくことを使命としている人々…
人の為と思い込んでルシファーの手先になって
動いている人々は多いです。
自分は善人科学者だと思い込んで…
でも忘れないでください。
ゼロサムゲームである以上、人口の増加は、
地球が砂漠化することでもあります。
大地を砂漠にして、そのエネルギーを
人間の肉体の命を繋ぐ方に回す…
人類は袋小路です。
「世界から猫…」の物語では
もう自分の命と引き換えにあるものを消す
願いを止めて、死を受け入れますよね。
このメッセージの深さを作者もまだ
気がついていないのでしょうね。
死と言うものは、生きることの大切な部分なので
死を受け入れる生き方が瞑想的な生き方です。
全面的な生き方です。
ゲームも終盤です。
トラップに注意してください。
瞑想者は、常に死ぬ用意の出来た人です。

遺伝子組み換えでない卵のリスト

2017.09.19.13:11

遺伝子組み換えに注意したい。
その続きです。
たんぱく源に注意しなくてはならない理由として
家畜の飼料が日本の場合、
遺伝子組み換えが中心だからです。
1個10円以下の卵では当たり前です。
私とにしきさんは、山口の秋川牧園を利用しています。
卵は平飼い卵です。
私はネット時代の前から山口の秋川さんを
利用していました。
日本で最初に農業法人として株式上場した会社です。

最近はネット検索すれば、いろいろあると思います。
牛乳やお肉も餌が遺伝子組み換え中心ですから、
卵と同じ注意が必要です。

敏感になると食べてみて違いが分かると思います。
最初に平飼卵を食べるとき、きっとこってりしている
と思ったものでした。
でも予想を反してさらさらな感じなのです。
健康なにわとりの卵はさらさら…
血液と同じですね。

牛乳にしても牧草牛の低温殺菌ノンホモタイプは、
アーユルベーダにも出てくるように滋養に使える
牛のお乳と言うことになります。

こういったものは、高いですが
毎日大量に食らうものでもありません。
3倍するなら3分の1いただけば良いではありませんか。
食べる量は減って、質は高まって一石二鳥です。

子供は特に気を付けてあげて欲しいです。
影響を受けやすいですから…
肉体は食べたもので出来ています。
精神に与える影響は、大きいです。
医食同源ですから…

最近とうもろこしを使わないで
お米で育てている米卵が面白いですよ。
卵が白いのです。
食べたものでできている見本ですね。

検索していたら遺伝子組み換えの飼料を使わない
卵のリストがありましたので参考にして下さい。


PDF - www2.biglobe.ne.jp



1個10円の鶏卵は、輸入配合飼料と石油とで構成される
鶏卵は高級品です。物価の優等生ではなく、貿易摩擦の優等生。 安価な卵や鶏肉を生産しているのは、1万羽以上の大規模経営を行っています。その採算性を考慮すれば分かりますが、人件費を極力避けて自動化された工場のようなところで生産されています。鶏はエサを食べて、水を飲んで、フンをして、卵を産むだけです。動き回るスペースはありません。窓が無く自然光が入らない鶏舎もあます。鳥インフルエンザが社会的問題になってからは、特に神経質に管理されているようです。鶏は少数平飼いすると10年ほど生きるそうですが、商業用では1年ほどで採卵ペースが落ちるので、処分されて鶏肉になります。卵1個10円程度の販売価格から考えると、どうしようもない現実だと思います。 卵というのは生卵が全てではなく、多数の加工食品や日用品、インフルエンザワクチン等に使用されています。1個50円~100円程度するいわゆる健康卵でこれを作ろうとすると、供給量、価格等からいって不可能でしょうね。昔ながらの自家消費分だけのにわとりを庭先で育てるというのが、現在ではもっとも贅沢な行為となってしまいました。 ちなみに、国内の採卵鶏は約1億3700万羽...

まくわうり収穫

2017.09.19.08:13

昨日まくわうりを収穫しました。
ちゃんと甘くなっていました。(#^^#)
ダイソーで買った秋キューリの種は、発芽して
しばらくすると生長しなくなり枯れてしまいました。
ポットに使ったダイソーの土が合わなかったのか、
よくわかりませんがトマトほど簡単ではないです。
トマトは、育ててみると夏より秋の方が収穫が多いです。
夏は生長しながら実をつけます。
花咲かりの頃は、気温が高すぎて着果しません。
30℃を超えるとほとんど駄目です。
そこで8月の中頃までに切り戻してあげると
根がしっかり育っているので脇目がすぐに
出てきて、いっきに花が咲きます。
9月に入って咲いた花が着果開始です。
トマトも夏バテしないように水分を実に奪われないよう
暑さ対策をそれなりにしているようです。
レジナも夏より元気になりました。
越冬レジナは1年を超えました。


七つの身体

2017.09.12.09:58

今日は、食事について意識する重要性を記事にしました。
和尚の講和録や遺伝子組み換えの記事など…
長くなったので、エバーノートのリンクです。

七つの身体

オレンジの皮を大自然に任せたなら…

2017.09.04.10:06

過去記事でオオカミを自然に放って
生態系が大きく改善したことを取り上げました。
今回は、オレンジの皮です。
大自然に任せていたら、
いつだってバランスと言う芸術を見せてくれる。
人間の小さな価値観なんてくそくらえです。
任せるのならマインドではなくて生命に…
そんな気持ちにさせる記事です。
私はみかん系の皮が食べたくて
ゆずの皮を毎年ピールにして
いただくようになりました。
そして、皮が痛んだものは、花壇にまいています。
トマトの栄養になるんです。
生命が見せてくれる循環系は
無駄がありません。
エネルギーの質が落ちたなら
また休んで質を高めて…
生命現象は常に円環していて
決して直線的でない…
縦の生き方とはそういうものです。
この縦の変化の中に「私」=「自我」も
含まれているわけです。
変化しないものは、「空」…
その永遠が最初に在って生命現象と言う
変化が起こります。
変化は実態がない現象の世界…
だから悟り人は、
映画を見ているようなものだと言うのです。
蜃気楼のようなものだと理解しても
それが消えるわけではありません。
消えなくても蜃気楼として目撃することで
生き方は変化します。
深刻なことは何もない…

和尚の言葉です。

人間の真実こそ存在する唯一の真実だ。
その真実を見出すことで、
あなたは樹々や岩や河の真実をも知る。
真実はたくさんあるのではなく、
ただひとつの真実のみがあるからだ。
だが、その真実には自然を通してのみ迫りうる。
不自然、人為的、人工的であっては
それに迫りようがない。

オレンジの皮パワーってすごかった。
12,000トンのオレンジの皮が自然に
青々とした緑をもたらすまで(アメリカ) 

一時は中止に追い込まれ、ほとんど忘れ去られていた実験的な保全プロジェクトが、その着想から20年近くの歳月を経て、驚くべき生態系の勝利を勝ち取った。 1990年代半ば、あるジュース企業がコスタリカの荒れ果てた牧草地にトラック1,000台分のオレンジの皮を廃棄した

迷ったらハート

2017.09.02.08:08

今朝は22℃で半袖では肌寒いくらいでした。

時間と関係のない生き方をしていても
自然は何の問題もなく起こり続けます。
また、秋がやってきます。
ハートで感じて下さい。
季節の変わり目って何とも言えません。
「生」って変化し続ける何かですね。
変化を恐れないでそう言うものだと
受け入れてみると、
「あらま、死なんてマインドの空言だった」と
気がつくときがやってきます。

和尚のことばです。

選択に迫られたときは、
けっしてハートを差しおいて
マインドを選択してはならない。
ハートとは、存在とあなたとの関係性だ。
マインドとは、社会とあなたとの関係性だ。

ハートとのお付き合いが無い人は
生命から遠のいていてマインドしているだけ…
マインドするってある種の機械性です。
悟りは洗脳ではなくて、洗脳から自分を
開放する道…
それには、しっかりとマインドのメカニズムを
見て取ることです。
マインドは使うものです。
使われるとき、悲劇を体験します。
ハートなら「あ~こりゃこりゃ」ですむことが
マインドだと、自殺と言う筋書きに発展したり…
不幸達成ゲームですからね…
深刻は病気やで…
それは精神の病気です。
健康な精神は「空」です。
全てがぶつかることなく通過してゆきます。



フリーエリア


presented by 地球の名言
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク