~ウラサの日記~

アカウント乗っ取り

2017.04.28.07:50

Amazonでアカウントの乗っ取りがあったようです。
激安値段に設定されているらしいのですが、
iwakiの件もそうだったようです。
にしきさんが注文されたものの、
Amazonから返金のメールが届いたそうです。

ネットニュースでも注意を呼びかけていました。
ブログを見て注文された方がおられたら、
申し訳ありません。
がっかりさせました。
スポンサーサイト

意識

2017.04.26.20:58

最近の紅さんの記事にもでてきましたが
目に映るすべてのことはメッセージ…

だけど、ほとんどの人がマインド的解釈
しかできないことに問題があります。
縦に入れない、同じ心霊平面と言うゲームの中で
あれこれと自我が解釈するわけで、
それでは進歩がありません。
肉体に同化しているなら、
目は肉眼で見えたものになります。
この目とは、洞察力、
つまり意識であると理解できないと
質的なものは見えてきません。
意識の唯一の質、目撃する力です。
今生こそ、意識をはっきり理解してください。
もし、自分が分離しているように見えているなら、
それは、同化した見方で、目撃力ではありません。
意識を使っているなら、
見ている今ここに分離はないのです。
一つの目撃をジグソーパズルのように
バラバラに定義すると
それは、マインドゲームに戻されます。
目撃したものは、それが分離のない全体であって、
私と私以外に分離しているわけではありません。
覚醒とは、意識そのものであって、
目撃したものを分離しないで映し出す力です。
目撃したものの中に自分と思い込んでいる
個体も含まれていますが
それを分離したものであると感じるのは
思考のなせるゲームの技です。

意識の中で自我に影響を
与えているものを目撃してください。
それは、自作自演の思考であるはずです。
自分の起こした思考に影響されています。
同じ現象下にあっても、
人によって感じ方が異なるのは、
意識に映し出されているものが異なるからです。
食べるときは食べる…
歩くときは歩く…
何が起こっているかは関係ありません。
それが大いに関係あると思い込んでいるのは
マインドゲームの世界です。
ただ、食べているとき、歩いているとき
分離したストーリー的な見方は
そこに存在しません。
鶴亀ひっくり返って意識が前面に出てくると
見方は消えて、ありのままになります。
見方は人によって異なりますが、
ありのままの意識は同じ質です。

たくさんのパズルを自分で作り
ストーリーを当てはめて苦しんできました。
もう飽きてください。
こんなゲーム…

自分から遠ざかるゲームに
安らぐはずもないのです。
ゲームから覚めると、どこにもいっていないし
何も変わっていないことがわかります。

意識は誰とか、どことか、定義のないものです。












水出しコーヒー

2017.04.26.06:07

3000円で購入したエスプレッソマシンが
逝ってしまいました。
フレンチプレスだけでいいや!
と思っていたのですが、
水出しコーヒーを思いつきました。
一滴一滴をドリップで落とすタイプはとても高価なので、
粉をそのまま混ぜて時間を置くタイプが
安く売られています。
私も、フレンチプレスに水を入れてたっぷりの豆を
一晩おいて飲んだことはあるのですが、
落とすタイプの水出しコーヒーを飲んだことのある人なら
別物だと感じるはずです。

そこで検索するとありました。
理工系の人ならお世話になっている
iwakiから安く売られていました。
専門店に置いてあるような、
時計台を思わせる大きさの
何十万円もする物もありますけど
家庭ではこれで十分です。

早速、夜セットして朝飲んでみました。
iwakiさん、good job!
しっかりと濃いコーヒーが入りました。
そしてあの香りとコク!
一滴水出しで入れると濃くてもスッキリとして
本当に飲みやすいです。
カフェオーレーにしても
あのコクと香りが何とも言えません。
薄めてアメリカンにしても美味しいし、
良い買い物をしました。(#^.^#)
エスプレッソマシン同様、水出しで入れても
カフェインが少なくなります。

自家焙煎して水出しコーヒーを入れるなんて
最高の贅沢ですね。
私、急ぎませんので…( ^^) _U~~






おまけ;
最近、Amazonに送料がかかるので、
欲張った私は、ヨドバシカメラで購入しました。
送料込みで約1500円程度です。
今、ブログを書くためにAmazonのリンクを
作成しようとしてびっくりしました。
新しいタイプが出たので、
この型番を投げ売りしています。
87%offの317円ってマジですか?
送料340円+しても657円!(^^)!
あと8個だそうですよ!


おまけのおまけ
iwakiさんの製品なので
もちろん水出しコーヒーメーカーとは言え、
サーバーは、耐熱ガラスです。



食から学ぶ

2017.04.13.09:18

昨日、近所のスーパーで
アメリカ産のリンゴが売り出されていました。
私は、トマトとリンゴが相性が良いので
リンゴはよく買います。
ですが、この田舎のスーパーで
初めてアメリカ産のリンゴを見かけました。
国産より三割くらい安いです。
ネット検索する必要もなく、アメリカ産のものは、
農薬たっぷりだとわかっていますので、手を出しません。
美祢のOさんの持論通り、毒を栄養にすることが出来るなら、
彼女もあのくらいで覚醒が切れることはないと思います。"(-""-)"
もしあの弁当が、素朴なものであったなら、
笑顔で食べることが出来たでしょう。
精神への影響は大きいです。
覚醒して、意識こそ自分であるということへ、
ゆるぎないものが生まれるなら、
もう何を食べても精神が影響されることはないと思います
何しろ、依存が起こらないので、
すぐに終えることが出来るからです。
眠っている間は、「終える」ということを育てようとさえしませんし、
それは恐怖となっています。
だから覚醒が揺らぐうちは、食べ物に無意識ではいけません。
目撃していると敏感に気がつくようになります。
私はおひとりさまの瞑想三昧の環境ですが、
時々事件が起こります。
それは、ほとんどが食に関することなのです。
アレルギーとなって肉体が主張します。
「バランス崩れたよ」と…
探求する人が食べすぎるとよくないと言うのは、
そういう体験をするからです。
気がついてくるのです。
必要以上に殺生をして貪欲に食らうとき、
どのように波が発生するのか、見えてくるのです。
悟りの道に入り、肉体を娯楽ではなく
悟りへの梯子として使うようになったなら、
必要な量の少ないことが見えてきます。
食べすぎることで、精神が不安定になり、
意識は落ちて物事が冷静に見られなくなります。
今の時代は、食べすぎもさることながら
食品汚染が深刻なので、それも十分に気を付ける必要があります。
体に意識を置いていれば、敏感になります。
頭は観念なので今ここを犠牲にして生きています。
だからマインドの言うことなんて、信用してはいけません。
流してください。
雑音として…
私は、体験が起こったなら、
それをネット検索したりするのですが、体験の方が先です。
本来、検索による理由付けなんて意味はないのですから…
りんごにしても、相性が良いので検索してみると、
果物野菜の中で、カリウムとビタミンCが少ないのです。
私にぴったりでした。
だけど最近の研究で、
リンゴを食べるとビタミンCの血中濃度が
安定することが分かったそうです。
カリウムの取りすぎは膝に水をためるし、
ビタミンCの取りすぎは、足の指が切れるしで気を付けています。
要は少し、食べていれば問題ないのです。

食べることは、身心に大きな影響を与えています。
食べることは生かすことでもあり、
殺すことでもあるからです。
植物に肥料を与えすぎると、
成熟が早くなり、枯れるのが早まります。
頭の栄養学とは、ちょっと違いますから
肉体から教えてもらって下さい。
一日三十品目とか、商売栄養学です。!(^^)!

意識の中で起こっていること…
思考に向って動いています。
植物を見てください。
光に向って動きます。
どんな時も…
人にとって植物はお手本になってしまいました。
思考と言う影ではなく、意識と言う光に向って下さい。
大自然が教えてくれています。

思考に向かわなくなると、一休さんの境地です。
死にはせん、どこにも行かぬ、ここにおる…
ここに居て下さい。
それが状態としての我が家です。







覚醒が切れると…

2017.04.06.10:51

最近、お客さんが多いです。
明日は予約まで(*^^*)
先日、美祢のOさんがやって来ました。
悟り話ですが…
彼女は大家族で忙しい生活を長い間おくってきたので
食事において目撃する余裕がなく、
今でもやってくるときは、コンビニの弁当を
必ず持参します。
「私はクジャクのように、毒を栄養にできるの」
と言うのが持論です。
カレーをレンジで温めてくれと言うので
言われるまま、少な目の時間で「チン」しました。
すると、ご飯がパサパサのままでまずい
と言って怒ってしまいました。
「こんなものを売るなんて、ちょっと帰りにお店の人に
言っておこう」と言うのです。
私は、嫌ならもう買わないことだし、知って買うなら
文句は言わないで食べればいいと言いましたが、
「こう言うことは、一言言っておかないと」
と言うのです。
そこで私は、「アルバイトの店員さんにそれを言っても
すぐにどうこうなるものでもないでしょう?」
とそこまで言うと、「そうだね」となりました。

これは、彼女の覚醒が切れたときのお話です。
このくらいで、冷静さを失って、
エゴ(思考)の言いなりになり、
「一言言ってやろう」では、死を目撃出来ません。
意識があるとは、どう言うことなのか、帰り道では、
しっかりと神占めて下さい。
意識が切れると、思考に同化しますから、
思考の言いなりになり、それを外側で表現します。
無意識に…
意識的ならカタルシス瞑想になりますが、
ほとんどは、表現の場を盗み取ることで思考の重荷を
降ろそうとします。
くしゃみやセックスの欲求を我慢すると
イライラするのとまったく同じメカニズムなんです。
多くの人は、我慢と言う形で表現を抑えたりしますが
それもまた、抑圧になり苦しみに繋がります。
次元が同じでは、抜け出せません。
ただ目撃することです。
もし石を投げて、現象に干渉したのなら、
起こることは、全部受け入れることです。
どちらも全面的な葛藤のない生き方です。
要するに、自分の意識を分割しないことが
大切なのです。
とにかく、葛藤しない、戦わない…
それだけです。
自分の意識の中を生きているのに、
割れれば苦しいのが当たり前ですから…
目撃することで、こう言ったことへの
気づきがどんどん入ってきます。


自分を笑えることが大切

2017.03.30.07:11

マインド現象ってイメージを常に言語に変換して
肉体を動かそうとするので、とにかく深刻です。
今ここには決してくつろげないメカニズムです。
それでも最低限に使いこなせば、問題もないわけですが
オートマチックになって一定の周期で回ってくる思考を
私と思い込んでいます。
大根役者の台本って、オートマチックなのです。
意識しながら演じると、覚醒がそこにあり、
本質ではないことに気がついているので、なぜか笑えます。
認識している質、決して姿、形をとらない質こそ
大切なものです。
生命エネルギー…
認識できないと、その下に何が起こっても
無いと同じように生きてしまうでしょう?
認識力の下に認識できる現象が見えてきます。
だから和尚は洞察力を磨けと言うのです。
そして人は、認識できたものの世界に同化して生きています。
その人の認識した世界がその人の宇宙です。
認識できるものは意識の生長(洞察力)によって
異なると言うことへの気づき…
これは人を開放します。
眠り人が気がついていないため、
無いも同然の生き方をしているのが
よ~く見えてきます。
認識力こそ釈迦が言った、真理とは使える何かです。
それが本質的な「私」です。
肉体ではありません。
このオリジナル的な何かは、深刻さが無いので
笑いに敏感です。(^_^)v

最近ウラサが大笑いしたお話を…

ある人があまりにも疲れていて、正座したまま
土下座した格好で熟睡してしまいました。
それを目撃した人
「わーぉ、これが伝説のごめん寝!」

ある男子が、「そろそろ終活を」と準備に入りました。
準備が終わって男子曰く…
「よし、これで俺が突然死んでも、
このエロ動画のコレクションのことは家族に絶対にばれないぞ!」
と言うことで、死ぬまでエロ動画を堪能するらしいです。!(^^)!

意識を生きると言う現象は、自分で自分が笑えない限り
深刻なままと言う意味でもあります。
無邪気でいて下さい。
ウラサは自分を笑いますよ。
大根役者は笑えます。


帰り道は静寂

2017.03.29.20:10

黒ごまさん、コメントありがとうございます。

黒ごまさんならきっと異変に気がつくと思いますよ。
自己に精通してくると、
今までと何かが違うと、死の前にはわかります。
生命エネルギーの動き方は、
眠り人が思い込んでいるような
直線的なものではありません。
よく観察すればわかります。
必ず行きと帰りがあって、完結します。
だから、もっともっとと直線的な生き方をすると
無意識の内に生きていない半分が重荷になってきます。
帰りを生きるとは、この完結されずに残された「生」を
きれいに生ききることです。
動から静寂の方向です。
すると自然と思考も消えていきますから…

死の10か月前には、腹に異変が出ることと
半年前には、目が下を向きにくくなると和尚が言っていますが、
これは、母体で10か月スタンバイした帰りの現象、
それから赤ちゃんの時、目がすわるのに半年かかるので、
目の件に関しても帰りの現象が同じように出るのです。
静寂を生き抜いて、今ここに在れば絶対に気がつきます。

私は、保険には、何一つ加入していませんよ!(#^^#)
成り行きに任せています。
ただ、とにかくシンプルに持ち物を減らしています。
インドで数か月暮らしても、バックパック一つでしたし…

意識を生きていることに気がつくと
肉体はあってもなくてもあまり変わらなくなります。
っていうか、ない方が楽チンです。
今ここの意識の中で何が起こっているのか
それをしっかり見て取ることが帰り道です。
眠り人は「動」だけが生きることと思い込んでいますから
帰り道の「静寂」は怖くて発狂しそうだと思います。
でもね、いつまでも怖いからと
逃げているわけにも行きません。
時期が来るものなんです。
黒ごまさんにもやって来たように…







帰りを生きよう!

2017.03.28.10:03


ウラサは、帰りを生きています
楽しみながら…
一つまた一つと思考が消えていくことを楽しみながら…
それは、本質である意識がクリアになる喜びです。
思いと言う重荷がどんどん消えていきます。
釈迦や和尚の目には、どんなふうに
映るのだろうと思った人はいますか?
いないかな?"(-""-)"

大学時代、1Kの新築アパートに住んでいたわけですが、
不自由を感じたことはありませんでした。
友人も良く泊まりに来ていましたが、
こたつの足を三本にして
その対角線に足を突っ込んで、寝ていました。
三本足のこたつが倒れないように
分厚い理化学辞典を重しに使いました。
当時そのアイデアに、友人は感動してくれたものです。
私にとって、理化学辞典は
重たいものでしかなかったのですが、
重しとして、たいへん役に立ちました。
アパート代から学費まで全部で年間100万円…
それでやりくりするように、
母は一括前払いしてくれていました。
郵便貯金の口座から残高が減っていくわけです。
働いていない今もそんな感じです。
まあ当時の国公立は、年間144000円でした。
それでも一気の値上がりで、一つ上は96000円でしたよ。
だけどインフレの時代で、ダイソーなんてものはないし、
バーゲンの服でも2980円でした。
鶴屋デパートが物の高いのに驚いていました。
まだまだ輸入品のGパンは、6000円以上していましたし…
行きつけの喫茶店で500円のセット物を食べていたし、
月平均80000円は、当時多い仕送りの部類でした。
当時の大卒公務員の手取りがそのくらいだったので…

そんな生活が楽しくて楽しくて、
親からお金は出してもらうけど、干渉はされなくて…

今現在は、あの頃の生活スタイルに近いです。
まかないをしているので、シンプルな食事だけど、
調理器具が当時に比べて充実し過ぎています。
これも徐々に減っていくでしょう。

終活も最近ネットではさかんに取り上げられています。
もちろんウラサも自分自身を看取るわけですが、
そこは瞑想者、意識に目撃してもらいます。
どんなに死後事務委任契約をしたりしても、
意識には勝てません。
タイミングは直観的なものだからです。
悟り人が自分の死を感じ取り、ユーモアにまみれて
肉体を去るエピソードは至る所で残っています。
質的にシンプルになっていれば、
もう一年弱であることを直観すると、
さささっと残りの始末も自分でできるものです。
それこそ遊び心で…

最近は一口30万円の少額保険に入れば、
もれなく死後事務委任契約がついてくるよ
うなものまで誕生しています。
連絡が入れば火葬して、死亡届とか家の始末とか、
契約ごとを履行してくれるわけです。
だから、昔のように、
そういう契約がお金のある人のもの
ではなくなってきています。
おひとりさまでなくても、
子供が遠方で生活基盤が出来ている人とか…
何から何まで、商売にしてしまう社会ですね。!(^^)!
肉体の終焉は誰でも訪れますし、
死んでまで金が動くのかと呆れますが、
大自然は無料で肉体を脱がせてくれます。
マインドゲームの部分がお金を要求しますが、
それが本質ではありません。
まず意識を繋ぐことです。
それさえ当たり前になれば、
その意識と言う全体性が面倒を見てくれますから…
死後事務の委任も最低額で済むと思います。
帰りを生きよう!


3月のシシリアンルージュ

2017.03.22.09:25

窓辺で育てているF2(2代目)ですが花が咲いています。
あれから、2月の下旬に雪が1センチぐらい積もった日がありました。
午後からは晴天でしたが、その日以来、葉が枯れて養分も吸い上げが悪くなりました。
様子を見ていましたが、花も咲いて脇芽も出ています。
凄いぞ!
これは、11月の上旬に挿し木にした1代目です。
越冬中は、生長しませんでしたが、もうすぐ蕾が開花しそうです。
2本用意したのですが雪のせいで1本は枯れてしまいました。
4月になったら路地植えしてみます。
12月から1月は、生長しないので、挿し木にするならやっぱり11月の上旬だと思います。
その一1か月で根を伸ばして越冬に備えるからです。
旬の収穫だけを考えるなら、新しく苗を植え替えるのが一番だと言う
ブロガーが多いですが、プロセスを楽しんでいるので、収穫のことは、二番です。
一粒の種から奇跡を見せてもらっています。
2月に種を撒いた2代目も発芽し、ゆっくり成長しています。
前回アップしたときの青トマト、まだあんなに小さいです。
生長が始まってもまだ寒いので、ゆっくりゆっくり…
今年は雪がほとんどなかったので、越冬できたのかもしれません。
でもシシリアンルージュは生命力ありますね。(^^♪


エバーノートで書いたものをそのまま転送しました。
一年前くらいから出来るようになっていたのですが、
今後は少しこのやり方でアップしてみます。
タブレットになって、ネット接続がよく切れるようになりました。
メモリ不足なのか、セキュリティー上の問題なのかわかりませんが
ローカルで書いた記事を転送するだけなら、
その問題も気にならないので…

意識の中で起こっていること

2017.03.16.20:10

さあ一人で静かになる時間を作って座ってみましょう。
今ここで自分自身に何が起こっているのか
しっかり目撃してください。
何が起こっているのか?
そのほとんどが思考の流れであることがわかります。
それはループしていてエンドレス状態です。
それが「私」の正体です。
同化が強ければ思考の内容
つまりストーリーに囚われて動きます。
少し距離ができれば、単に思考が回っている
と言う見方ができるようになります。
内容に関心がなくなり、
止まらない思考を冷静に
眺めることができるようになります。
そうなれば自分にとっての問題は、
思考がエンドレス状態にあることだと理解します。
かごめ歌で言うところの、かごの中の鳥状態です。
その牢獄から抜け出そうではありませんか。

意識の中をどんなに探しても
肉体の私は存在しません。
肉体の私は存在しないのだから
死にようがないではありませんか?
意識の中で生まれて死ぬのは、この思考なのです。
でもそれを 冷静に見抜いた意識は、
思考が去った後も存在しています。
意識に分離というものはなく不二です。
葛藤のない青空のような境地です。
マインドゲームとは、
本来分離していないものを
分離しているように見せかけ、
葛藤させてエネルギーを消耗させる遊びです。
生において一番してはならないことが
戦い(葛藤)であると言う事です。
分離とは 思い込みですから‥
不二と言う質は不死身です。

思考することが苦しみを作ると 見抜いたならば、
善悪の相対を 抜けることができます。
目撃者として生きる悟りの始まりです。
そしてこの生き方に終わりはありません。
フリーエリア


presented by 地球の名言
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク