~ウラサの日記~ メモリが空いて…

メモリが空いて…

2017.02.02.06:51

昨晩、美祢のOさんから電話がありました。
ばあちゃん(義母)のことです。

それを聞いて「にしきさんとシンクロしているなぁ」と思いました。
にしきさんの場合、仕事に使われていた、いっぱいいっぱいの意識が解放されて
その空いた空間にご主人のことがより鮮明に映し出されるようになりました。
Oさんは、ご主人のことでいっぱいいっぱいの意識が開放されて、
そこにばあちゃんのことがより鮮明に映し出されるようになりました。
それは、両方とも結婚前から潜在的にあったことです。
ですが、単に映し出せなかっただけなのです。
今、無意識だった領域をメモリが空いたので映し出せるようになりました。
意識に上がったらもうすぐ消えゆくのです。
大丈夫なんとかなる…

Oさんの話は私からすると笑えます。
もうばあちゃんも認知症が出ていますが、
なかなか彼女はそれを認めようとしません。
認めると責めること(それは駄目ですよ)が出来ないからです。
まともなのだから、エチケットは守ってもらわなくてはと、
私には見て取れます。
だから言葉の節々でこう言うのです。
「そりゃあ、ボケたなら仕方ないけれど」と…
もう以前から、
「そう思うんならボケたことにしたら受け入れられるじゃない」と
私は言っています。
なんでもうんちのついたようなものと布巾のようなものを
一緒に洗ったり、みそくそ一緒にする癖があることが判明したそうで、
それからばあちゃんの手作り料理を食べられなくなったとか…(*_*;
もう、何十年もばあちゃんの味付けはいいと言って食べてきたのに…
ばあちゃんのことをよく見る環境になったということです。

人の外側と内側が別々のものではないということです。
私たちは意識の中に映し出したものを
外側に投影してそれを生きています。
意識を生きるのだから時間なんて関係ないのですが、
思考は、ひとつのことを分けて体験させるために
時間があるように錯覚するのです。

人を信じるなとは、思考を信じるなと言うことです。
それは嘘をつきます。
だからハートの次元、自分の状態を生きるようにして下さい。
意識で映し出す次元が思考ではなく状態に移行します。
それは、今ここなので嘘をつきません。
だから自分の状態になら「全てYES」と言って下さい。
イライラしている自分…
息が詰まりそうな自分…
怖がっている自分…
全部受け入れて下さい。

出来ないなら、カタルシス瞑想を一人で行います。
クラブとかで気分転換は足しになりません。
新しい問題を背負うからです。
一人で後始末は行われなくてはなりません。
そして、新たな今ここの状態を受け入れる生き方が始まります。

受け入れること、受け入れること…
それは、自分の状態で幻の思考ではありません。
思考を受け入れても葛藤するだけです。
そもそも、思考とはそう言うものだからです。
今の自分の感覚や状態は、思考が作り上げる物語とは関係ありません。
だから全部自己責任です。
自己の状態に精通しましょう。

悟り人が受け入れることを強調するのは、それをすることで
エネルギー現象が完結するからです。
今ここで、自分の状態が満ちていないから、
満たすために何かを計画するのは本末転倒なのです。
もともと、生命エネルギーは、満ちているのだから…
逆に満たそうと葛藤が始まると質は落ちる一方です。
ありのままで満ちているのが生命エネルギーです。
そのまんまでOKです。
何も足す必要はないのです。


和尚の言葉です。

明け渡しきったとき
突然、あなたはやわらかくなる。
なぜならば
そうなったらもう堅くなる必要がないからだ。
あなたは戦っていない。
そこには敵などいない。
身を守る必要もない。
安全をはかる衝動もない。
あなたはもうすでに生と溶け合っているのだ。

スポンサーサイト

comment

Secret

フリーエリア


presented by 地球の名言
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク