~ウラサの日記~ 帰りを生きよう!

帰りを生きよう!

2017.03.28.10:03


ウラサは、帰りを生きています
楽しみながら…
一つまた一つと思考が消えていくことを楽しみながら…
それは、本質である意識がクリアになる喜びです。
思いと言う重荷がどんどん消えていきます。
釈迦や和尚の目には、どんなふうに
映るのだろうと思った人はいますか?
いないかな?"(-""-)"

大学時代、1Kの新築アパートに住んでいたわけですが、
不自由を感じたことはありませんでした。
友人も良く泊まりに来ていましたが、
こたつの足を三本にして
その対角線に足を突っ込んで、寝ていました。
三本足のこたつが倒れないように
分厚い理化学辞典を重しに使いました。
当時そのアイデアに、友人は感動してくれたものです。
私にとって、理化学辞典は
重たいものでしかなかったのですが、
重しとして、たいへん役に立ちました。
アパート代から学費まで全部で年間100万円…
それでやりくりするように、
母は一括前払いしてくれていました。
郵便貯金の口座から残高が減っていくわけです。
働いていない今もそんな感じです。
まあ当時の国公立は、年間144000円でした。
それでも一気の値上がりで、一つ上は96000円でしたよ。
だけどインフレの時代で、ダイソーなんてものはないし、
バーゲンの服でも2980円でした。
鶴屋デパートが物の高いのに驚いていました。
まだまだ輸入品のGパンは、6000円以上していましたし…
行きつけの喫茶店で500円のセット物を食べていたし、
月平均80000円は、当時多い仕送りの部類でした。
当時の大卒公務員の手取りがそのくらいだったので…

そんな生活が楽しくて楽しくて、
親からお金は出してもらうけど、干渉はされなくて…

今現在は、あの頃の生活スタイルに近いです。
まかないをしているので、シンプルな食事だけど、
調理器具が当時に比べて充実し過ぎています。
これも徐々に減っていくでしょう。

終活も最近ネットではさかんに取り上げられています。
もちろんウラサも自分自身を看取るわけですが、
そこは瞑想者、意識に目撃してもらいます。
どんなに死後事務委任契約をしたりしても、
意識には勝てません。
タイミングは直観的なものだからです。
悟り人が自分の死を感じ取り、ユーモアにまみれて
肉体を去るエピソードは至る所で残っています。
質的にシンプルになっていれば、
もう一年弱であることを直観すると、
さささっと残りの始末も自分でできるものです。
それこそ遊び心で…

最近は一口30万円の少額保険に入れば、
もれなく死後事務委任契約がついてくるよ
うなものまで誕生しています。
連絡が入れば火葬して、死亡届とか家の始末とか、
契約ごとを履行してくれるわけです。
だから、昔のように、
そういう契約がお金のある人のもの
ではなくなってきています。
おひとりさまでなくても、
子供が遠方で生活基盤が出来ている人とか…
何から何まで、商売にしてしまう社会ですね。!(^^)!
肉体の終焉は誰でも訪れますし、
死んでまで金が動くのかと呆れますが、
大自然は無料で肉体を脱がせてくれます。
マインドゲームの部分がお金を要求しますが、
それが本質ではありません。
まず意識を繋ぐことです。
それさえ当たり前になれば、
その意識と言う全体性が面倒を見てくれますから…
死後事務の委任も最低額で済むと思います。
帰りを生きよう!


スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2017.03.29.17:20

ちょうど生命保険の事を考えてました。
親の知り合いに頼まれて若いころに入りました。
六十歳満期なのですが、六十歳まで生きてる気がしません。
そこまでのエネルギーがない気がします。

それと十年位前に夢に出てきた五桁の数字が頭に残っているのですが、最近寿命の満期日のような気がしてきました。
正夢なら保険は今のうちに解約しとこうかなとか、でも、うっかり長生きするかもとか、結局面倒になってほったらかし決定です。

私の夢なんて当てにならないんですけどね。
不思議能力ゼロです。

たまにネットで予知夢とか騒がれますが当たってないですよね?
災害とか毎日沢山予言されてますから、偶然誰かは当たったりしますが私の知る限り二度目はないです。


話変わりますが震災の時、高台に逃げ切った人が、津波に流されていく人と目が合ったそうです。
その人は手を振って笑いながら消えたそうです。

当時は感動と共に、そんな風に死にたいと思いました。
今はそれプラス、意識を持ってしっかり体を卒業したいです。
「さよならー、私のことは気にしないでー、私ってア~コリャコリャなの~」

このウラサさん直伝の呪文にはよく助けられています。
いかなる場合も効力発揮です。
しつこい不安もこれいっぽん!
毎日使ってます。少しずつ思考の汚れが落ちてます。
いつかピカピカになればいいなと思ってます。

それにしても終活のことを考えるとげんなりしてきます。
面倒なので地球規模の天変地異を所望です。(おい!)
地域限定の震災は嫌です。
起こることは起こるにしても起こらないでほしいです。
というわけで今日も呼吸します。
相変わらず外出は嫌いですが、そこのけそこのけ呼吸が通るで歩いてます。

静かなこの生活が死ぬ直前まで続いて欲しいです。



帰り道をひとり歩いてます。
周りには誰もいません。
でも、この細い細い道のずっと先に、ウラサさんが歩いているのだなと思うと気持ちが明るくなります。

ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

2017.03.30.14:44

このコメントは管理人のみ閲覧できます

黒ごまさんへ

2017.03.30.14:51

全くOKですよ!
やばくなんてありません。

いつもコメントありがとうございます。
私も兄弟姉妹のないおひとりさま女子ですから…

意識と言う神の計らいを楽しみに毎日見学しております。
今日も面白いシンクロがあって、タイミングが良いという感覚の体験です。
フリーエリア


presented by 地球の名言
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク