~ウラサの日記~ あ~こりゃこりゃの物語

あ~こりゃこりゃの物語

2017.05.10.16:51

連休も明けて、少し動きやすいだろうと、
今日は早朝から河内藤園に行く予定でした。
美祢のOさんが行きたいということで、
お付き合いすることにしたのです。
というのが、昨年からコンビニで
予約チケットを二時間間隔で購入しないと
入園できなくなったのです。
CNNでも報道されたため、
ゴールデンウイークは、物凄い渋滞だそうです。
そこで昨年から予約制になって
八幡駅からシャトルバスが出るようになりました。
スマホでもいいからホームページを確認して
コンビニで予約券を購入する…
それが出来ないと行っても見学は出来ません。
Oさんはアナログ派なので
私が段取りしてあげました。
午前中には見学を終える予定でしたが、
私が例によって、食あたりになったのです。
胃が壊れて二日間食べられませんでした。
ちょっと無理そうだったので、
朝方、厚狭駅までチケットを持って行き、
彼女を見送って、私は自宅に戻りました。
彼女は、言いました。
「今日はもう電話しないから、
改めて家に遊びに行ったとき報告するね」と…
そうしたら11時頃、電話が入りました。
とてもはしゃいでいて、感動した様子で、
本当に来られて良かったと言って
段取りした私は感謝されました。
見た瞬間、手を合わせて合掌したそうです。
そう言う動きって言葉を超えて
自然に表現されますよね。
私も、つい、入園料を拝観料と
言ってしまうのです。
アナログ派は、
それなりにすばらしい特技を持っていて、
園のおいちゃんから、
生の情報をたくさん聞いてきたようです。
また、遊びに来た時、
聞かせてもらうことにします。

予定を入れると、
こんなささいなことでもやきもきします。
成り行きに流れて生きることが
どんなにありがたいか、
今回も思い知らされました。

脳貧血と吐き気に苦しんでいた間、
やっぱり厚狭駅までは
チケットを持って行き、
Oさん一人で行ってもらいたいと
マインドによぎります。
朝は、学生さんが多くて、
化粧品の香りに吐き気がしました。
でもおかしなもので、
彼女を見送った帰り道、
駅のうどんが食べたくなり、
食欲が戻って来たのです。

家に着いたら、早速うどんを作りました。
昨日、にしきさんから、
だしパックのお土産をいただいていたので
おいしくできました。
手作りのアイスサンドも
食べることが出来ました。

エネルギーが対極に流れるのを
笑いながら見ていました。
ピークは表現される前がほとんどです。
ちょうど膿がでると、もう何ともないような…
恋愛も釣った魚に餌をやらない
とか言いますが、もう
ピークは内側で終わっているのです。
だから意識に上がったら、
後は消えゆく姿を見届けるだけなのです。
私の体調も、絶不調のピークは過ぎていて、
帰りの電車では
食欲が復活してきたのです。
このあまのじゃくな動きに振り回されると、
苦しみますよ。!(^^)!
「あ~こりゃこりゃ、そんなもんだい」
と見ていると、大根役者を
笑うことが出来ます。
自分のリズムで生きられることが、
本当に安らぎます。
その平安を堪能するようになると、
生きることは「誰とかどことか」
そういう問題ではなくなって、
エネルギーは統合されていきます。


スポンサーサイト

comment

Secret

フリーエリア


presented by 地球の名言
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク