~ウラサの日記~ 黒うさぎさんへ

黒うさぎさんへ

2017.07.01.09:45

黒うさぎさんからコメントを頂きました。
ようこそ、ウラサの日記へ!


ウラサさんこんにちは^_^
つい最近なにがきっかけだったかグルジェフの事を知り、
それから自己想起や和尚のことを知って
色々調べていくなかで「ウラサの日記」に出会いました☆

ウラサさんが自己想起のことなどをわかりやすく
書いてくださっているので勉強になり助かっています!
最初の頃よりも想起できている時間が
長くなっていると思うのですが、
ウラサさんが記事に書いていたグルジェフの
「人間が覚醒して目を開くやいなや、
彼を眠りこませるあらゆる力が
10倍のエネルギーで働きはじめ、
彼はすぐにまた眠り込み、
しかもほとんどの場合、目覚めている、
あるいは目覚めようとしている夢をみる」
という言葉を見て
「もしや自分は想起できているつもりで
実は想起している夢を見ているだけなのか?」
という不安がでてきました(汗)
でも、ウラサさんが説明してくれている
足裏の感覚の想起」や「間違い探しですよーく見てください」
と言われた後の感覚というような状態には
なれていると思うのですが、
今の自分がグルジェフの言う目覚めている夢を
見ているのか本当に目覚めれている状態なのかを
判断する方法などは、あるのでしょうか?
長くなってすいません(><)

まずは、悟りに縁のあったこと、
今生の人生で覚醒に向って羽ばたけることを
自分にほめてあげてください。
素晴らしいことで稀なことです。
それは、眠りこけている周囲の人々を洞察すればわかります。

覚醒のスタートは、マインドの目撃
洞察から始めます。
それは、始まりなのです。
そうやって、瞑想性が育つと、
意識の唯一の質である
気づきだけが残ります。
方向性が全く出ていない完全なる
今ここです。
テレビを切った状態です。
実際、その状態は、究極のバランス状態なので
バランスの崩れと共に
世界が自分の意識に映し出されます。
世界とは、意識の中でうごめく思考(イメージ)です。
これが解釈の世界を作ります。
目撃したものの言語化です。
これは、人の意識の成長や方向性によって異なるので
人の数だけ価値観宇宙が異なります。
言語化の価値観にプログラムされると
目撃は忘れ去られ、
言語化だけが意識の中で先行します。
言語化された価値観は夢の世界です。
普通、この意識と言語化が癒着しています。
だから、一瞥してもすぐに戻ってしまいます。
属性なしと言うか、存在していると言う
感覚だけというか、方向性を出さないまま
明かりをつけていると言うか、
それは、体験しなければわかりません。
見たものを一生かけて言語で表現しても
それは、模写より数段嘘になります。
そんな世界でほとんどの人が葛藤して生きています。
今ここで目撃した非言語化だけが真実です。
私は、完全にマインドが落ちた状態を
体験しましたが、その時は震えていました。
人ではなく、意識つまり
覚醒エネルギーの状態は人格は吹っ飛びます。
いきなりは、怖いものです。
次元が違うのです。
言語化されたフィクションの世界が
マインドの世界なら
白紙でスタンバイしている次元…

さて、自分が間違っているかどうか気になるのは
マインド現象の特徴です。(#^^#)
質問と答え、善と悪のフィクションのプログラムですから…
黒うさぎさんが気になるのは、
もちろん覚醒状態からではなく
マインド現象です。
ですが、マインドを目撃すればマインドの
動き方が見えてきます。
人格が消えると、今のエネルギー状態
だけが大切になりませんか?
つまり命です。
これには死がありません。

「使えるもの」と釈迦が言った何か…
人々は毎日生命エネルギーを
使い何かをします。
ですが、その質には無意識で
使って形を変化させたものにだけに興味を持ちます。

29連勝が何になるのでしょう。
結果は死物です。
でも死物にしがみつくのがマインドで
生きた生命エネルギーそのものは
無視されています。
鶴亀反対…
生きるとは、実際に今ここで起こっている現象
と共に流れることです。
誰とか、どことか、何をとか、生命エネルギーには
一切関係ありません。
その次元から見れば、
マインド現象は、エネルギーの無駄使いで
質を落として(本質から遠ざかること)それを称える
自虐的なゲームであることが分かります。
エネルギー体として生きる自覚があれば、
意識、照らす力が曇ることは
心地悪く感じます。

既に存在する何かに気がつくことが悟りです。
幸せになるのではなく、
意識そのものが安らぎなのです。

使えるものを狂ったように使いすぎ
休むことも許さない状態が地獄なのです。

生命現象には、問いと答えと言うような
ひとつセットのものを分離して考える
と言う価値観はありません。
意味なんてないのです。
ただ、安らぎなのです。

黒うさぎさんが、自我(マインド)に精通すれば
するほどマインドの罠に落ちなくなり
それをそれと知って使いこなすように生き方が変化します。

まずは、思考の洞察…
それを通過すれば、他人との会話以外
自分に言語を使わなくなります。
意識の中に自分と言う他人がいなくなるので…

言葉で表現できないものを言葉だけで理解しようとすると
未達成感に襲われます。
だから禅のように解釈抜きで
起こることをすべて受け入れて生きること…
そこから学べることが大切になります。
それは、直観でやってきます。

黒うさぎさん、悟りにご縁があって
おめでとうございます。







スポンサーサイト

comment

Secret

2017.07.01.14:28

ウラサさん、お返事ありがとうございます☆
悟りに縁のあったこと、本当に嬉しいです(≧∇≦)

確かに自己想起?中に自分の頭の中になにも流したくなくてもふと考えたことや思いついたことなどが勝手に独り言で出てきてしまうのですが、それが「言語化」ということでしょうか?
あと、自己想起できているつもりの時に自分の独り言の声とは別に、よく直前に思い出していた音楽や歌が原曲のままで流れています。
外側の世界のように自分の声があってもそれと同時に隣か後ろで流れている感じで不思議です。
こういうことに気付けていたら「思考の洞察」になっていますかね?ヽ( ̄д ̄;)ノ
フリーエリア


presented by 地球の名言
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク