~ウラサの日記~ 悟りの始まり

悟りの始まり

2017.07.23.11:08

悟りには始まりがありますが終わりはありません。
生命つまり、全体と言う質に繋がるようになれば
自分が幸せであったことを知ります。
生命エネルギーは、安らぎだからです。
そこが悟りですね。
そして、それを知った時から、
幸せではない自分を妄想して、
幸せになろうと動き回る思考から自由になります。
もう、不幸が怖くて、幸せになりたくて動くのではなく
安らぎから動くことが出来ます。
ただ、動くときは動くだけ…
いくらでも、静けさの中に留まることもできます。
そこが、我が家なので…

安らぎの深さと広がりに終わりがないので
悟りには、始まりはあっても、
終わりはない永遠の今です。

言葉で言うことは、出来ないので
自分で気づく他ありません。

人に生まれた栄光は、そこにあるのだから…

意識に映し出されたものは、全部が分離していません。
そこに「私」を分離させたとき、
実相とかけ離れた分離の、妄想解釈ゲームが
始まります。

生命からすれば、そんなつもりはないのであって
いつだってエネルギーは全体に与えられています。

何もしたくないと言う感覚の時は
どうぞ、思う存分思考から離れて寛いで下さい。
そこに何もしないことへの罪悪感は必要ありません。
我が家に戻るのに遠慮はおかしいです。(#^^#)

しっかり休息するとまた笑えるんですよね。
幸せの笑いです。
私の体験では、静寂と笑いって神一重なんです。
だから笑いは神聖なる状態です。
静寂の中に笑いは、スタンバイしているような
そんな感じです。
トリガーは人によって異なるかも知れませんが
どっちみち、生命に繋がる単純なことです。

ウラサの場合、生活音の瞑想で鳥さんの唄を
聞いているので、
カラスのリズムがおかしくてよく笑います。
吐く呼吸ですよね。
クワァ~
クワァ~
カッカッカッ~
スローモーションで聞こえるんですよね。
そのとき、大笑いモードになります。
カラスって、幸せなんだと感じられます。
意識には、幸せな笑いが映し出されていて
その目撃全体が自分自身です。
だから、今ここでの体験にだけ
人は責任を取らされるのです。



スポンサーサイト

comment

Secret

フリーエリア


presented by 地球の名言
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク