~ウラサの日記~ 行間を読む

行間を読む

2017.08.03.07:53

別に急ぎませんから…

行間を、つまり言語化して意識に上がっていない
無意識を読み取ってください。

困っていないと言う感覚がそこにはあるはずです。
待てますよ…

私、急いでいるもんで…
行間は…

それじゃあこまるから、早くして…
イライラするな~
余裕ないんで、またにします。
ええ~い!無理してでもやってしまえ!
そして事故ってしまう。

自己があればあるほど、事故に遭う。
日本語っておもしろい(#^^#)
バイオコンピュータ、
マインドのプログラミング言語の中でも、
日本語は優秀な言語でしょう。

マインドを主人の座から
便利な持ち物の座に格下げして下さい。
生命は永遠の今ここです。
それがご主人様に返り咲く…
パソコンのアプリは、
オペレーティングシステムが存在
しなければ、動けないのです。
全体が親なのです。

同じように、マインドと言う部分は、
生命と言う全体の存在によって
支えられています。
エゴの命と言うものは質の次元にはありません。
生命の中にエゴと言う現象が起こっているのです。

使えるもの、生命エネルギー
使われて形態が変化したもの、
それには執着しないことです。
変化したものは、
消えゆく姿を目撃する意識が大切です。
それは、またもとのさやに納まります。
生命エネルギーに…

ニュートラルなものが変化して形態を取る
だからウラサは忍法に例えています。
化けたけど、元に戻れないと苦しいものですよね、!(^^)!
でも大丈夫…
化けたものの世界は夢みたいなものだから…



スポンサーサイト

comment

Secret

フリーエリア


presented by 地球の名言
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク