~ウラサの日記~ 消化することの大切さ

消化することの大切さ

2017.09.28.05:03

もし、肉体レベルで永遠に死ぬことが出来ないと
物理次元は大変なことになります。
物が消えていかなら
使える空間はどんどん減ってしまいます。
けれどマインドに同化が激しいと、冷静に洞察できないで
死ぬことを忌み嫌い、病気と闘い神に祈ります。
質が落ちたまま戦いでエネルギーを使い、
さらに質を落とす…
物理言語で分かち合うのは無理がありますが、
相対の言語を使うなら、神の質とは、
全てを水に流せるような愛の質であり
悪魔的な質は、握りしめて破壊を拒むような質です。
究極まで行くなら、
万事休すで、何の問題もありませんが、
一歩手前の黒魔術的なエネルギー状態は
覚醒における最後のトラップと感じます。
ヨガ的な能動のアプローチは、これを自覚するので
それで、なかなか最後のトラップを
超えられないのだと思います。
引き寄せの法則の危険性を
過去記事で分かち合ってきましたが、
ここに精通しだすと、黒魔術で終わります。
無意識な人からすれば、とても意識的です。
擬人化してルシファーとか呼ばれたりします。
鶴と亀がひっくり返ると物事反対に見えますが
願いを叶え続けるのがルシファーで、
水に流してくれるのが全ての全て生命愛です。
意識は紙一重ですこぶる高いので、ちゃんと
覚醒していないと、魂をルシファー化されますよ、
!(^^)!
ゾンビと言う擬人化も縦への循環を拒否して
永遠に死ねない執着を表していますね。
リフレッシュしないのだから、
質は落ちるしかありません。
生命現象とはゼロサムゲームです。
科学は、死から逃げる為に使われるので
そうなると、黒魔術化です。
瞑想は、肉体にしがみつかないように
本質に気づかせる生き方です。
生命全体の流れを目撃すると、
「世界から猫が…」の
重要なポイントが分かると思います。
だけど、作者は、気がついていないかもしれません。
映画化を見てそう思いました。
何かが消えることで、何かに回ってくるのです。
ある人の死は、ある人の誕生をエネルギー的に
支えることになります。
肉体で消化活動が上手くいかないと
色々な問題が起こります。
質は、縦の次元を貫いています。
だから、思考を無意識にため込むと
精神に問題が起こります。
思考を消化できない状態です。
精神的な病は、ごちゃごちゃになったマインドです。
瞑想で毎日消化して下さい。
気になることが消えるまで見届けて下さい。
そうすることでしか自分を取り戻せません。
瞬時にバランスを取ろうとする生命の中に
私たちは存在します。
だから、エゴで欲張らないで下さい。
願掛けしなくても起こることが起こりますから…
これを気づきとして生きて見て下さい。
今の地球は、黒魔術が勝っていて人口が増えすぎです。
バランス力が働くなら、
これから人口は減っていくでしょう。
事故や災害で多くの人が一度に亡くなっても
それは悪いこととか、そういうエゴ的な解釈で
見ないで下さい。
エネルギー的に見れば、人口増加の分
他の生き物と大地は死んでいきます。
自然破壊と人口増加は、ゼロサムゲームです。
エネルギーの流れに精通しだすと、
これを理解の上で黒魔術を実行する人々がいます。
例えば、人を死なせないために地球を砂漠化し
他の生物を消していくことを使命としている人々…
人の為と思い込んでルシファーの手先になって
動いている人々は多いです。
自分は善人科学者だと思い込んで…
でも忘れないでください。
ゼロサムゲームである以上、人口の増加は、
地球が砂漠化することでもあります。
大地を砂漠にして、そのエネルギーを
人間の肉体の命を繋ぐ方に回す…
人類は袋小路です。
「世界から猫…」の物語では
もう自分の命と引き換えにあるものを消す
願いを止めて、死を受け入れますよね。
このメッセージの深さを作者もまだ
気がついていないのでしょうね。
死と言うものは、生きることの大切な部分なので
死を受け入れる生き方が瞑想的な生き方です。
全面的な生き方です。
ゲームも終盤です。
トラップに注意してください。
瞑想者は、常に死ぬ用意の出来た人です。
スポンサーサイト

comment

Secret

フリーエリア


presented by 地球の名言
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク