~ウラサの日記~ 大切なプロセス消化

大切なプロセス消化

2017.10.07.06:52

にしきさんから国産大豆の差し入れがあったので
味噌を作っています。
ヨーグルトメーカーで発酵を待つだけの
簡単な方法です。
二日目ですが、今のところ
腐敗した様子はありません。

子供のころから豆は大嫌いで、大豆なんて
「人の食べるものか?」と言う感覚でした。
食べることが出来たのは、発酵させた味噌と醤油…
味噌はそのままでは駄目なのに
味噌汁なら食べることが出来ました。
だけど、醤油は大好きで
何でも醤油をつけていました。
マヨネーズもソースもケチャップも
嫌いでしたから…

今思えば、その本能で生きて、
何の問題も無いと言うか、
むしろ正解だったように思います。
自分自身を生きるのですから…

植物は動物から身を守る為、
逃げることが出来ない分、毒素を作ります。
私はそのアルカロイドに良く反応するのです。
最近は科学的にものを言うのが正解のように
洗脳されていますが、
その癖によって直観を失うのです。
科学的には、大豆は栄養価が高いけれども
非常に消化が悪く
アルカロイドも多いとされています。
植物のアルカロイドは薬としてもと使われますが、
取りすぎは問題を起こします。
基本的に楽に消化が出来ることが大切…
消化です消化…

消えゆくアートと和尚が言っていましたが
起こることを洞察すれば
見えてくるものがあります。
この力こそ生命力の源…

なのに人はダイエットとか言って
消化の悪いものをたくさん食べようとしています。
腹持ちが良く血糖値が上がらないから
と言うことで…
調子が悪いならお粥が一番です。
消化に使う消化力を問題の部分に
回すことが出来るからです。
猫は、調子が悪いと絶食します。
動物は本能でそうなるわけで
知識でしているわけではありません。

今の時代、日本ではそのダイエット食品の主力が
大豆ってとこでしょうか?
マインドはいつでも思い込み、
行き過ぎてしまうので気を付けてください。
加熱する貨幣経済の犠牲にならないように
良く洞察して…

毒素を分解(消化)するのは発酵プロセス…
酵母の神様がへそを曲げなければね!(^^)!

マインドが思い込んで投影する癖を利用して
風味調味料とか作られています。
「微生物が作るから安心です」
とか言いくるめられて…
○○エキスとか…

ペニシリンと同じでそのプロセスの中で
抗生物質ができてしまうものがあるのです。
奴らはそこは、言わないのですが…
無意識な人々の食生活は、抗生物質を食事から
たくさん取らされていることになります。
家畜の飼育も魚の養殖も抗生剤たっぷりです。
そして加工食品もね…
そうすると生命力から遠くなるので
色々な問題がでます。
マインド現象で思考を消化できなくなると
精神的な障害が自分を苦しめます。
たんぱく質が足りているので長生きできても
それは不幸達成のゲームの中でのことです。

「瞑想とは消えゆくアートだ」
とは和尚の言葉ですが、洞察すればするほど
それがあるからこそ美しいと涙がこぼれます。
自然を先生にするには、目撃することです。
そしてそこから「質」を見抜くのです。
それは氷、水、水蒸気とエネルギーの(次元)形態が
変化しても貫かれているものです。

豆乳もおからもきなこも煮豆も食べることが
出来るようになりましたが
それはマインドからくるものです。

今でも、大豆は醤油…
私の身体が好むのはそのくらいです。

生命力があると腐敗しないで枯れていくものです。
いつかは身体を大地に返すのだから
消えゆくプロセスをアートとして
目撃しましょう。(#^.^#)


スポンサーサイト

comment

Secret

フリーエリア


presented by 地球の名言
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク