~ウラサの日記~ きみゆあさんへ

きみゆあさんへ

2017.10.20.09:51

きみゆあさん、コメントありがとうございます。

もしアレルギーとかなければ、石臼式の全粒粉や
ライ麦を少し入れると本当に美味しいです。
水は酵母液を使ってイーストは
少し少な目にすると楽です。
今回は、おまけのレシピ集で米粉フランスパンを
パンケースで焼いてみました。
酵母液は忘れずに入れましたよ(*^^)v
出来上がりは、包丁も立たないか?
と思うくらい耳が固いですがビニール袋に入れて
次の日あたり、霧吹きをしてフライパンで焼くと
耳はパイのような食感になって私好みです。
オーブンで焼くとなかなか火加減が好みの
パンに持って行けません。
250℃で15分その後210℃で10分とか
余熱なしの40分とかやってみましたが
ティファールさんのホームベーカリー
の方が上手です。
1200Wが良いのでしょうね。
自家製酵母を使うと次の日の方が
美味しくなります。

一昨日買い物に行ったら、
よつ葉バターが入荷していました。
切れていたので雪印を使っていました。
今回は九州の高千穂発酵バターも買って見ました。
食べ比べです。
高千穂さんがサッパリしています。
雪印さんは口に残る感じです。
よつ葉さんは無塩を購入したので
サッパリした感じですが
バターケーキとか作らないとはっきりしませんね。
できるだけ近場で牧草牛のバターが良いですが
なかなかありません。
高千穂さんは牧草をメインに
されていると思うのですが…

パンは、とにかく添加物だらけなので
自分で焼くか、食べないか…
にした方が良いですね。
パスコさん(敷島製パン)など国産小麦を使って
添加物無しのものも出ています。
でもやっぱり商売第一主義の延長です。
トマトはオーガニックなのに調味液には
ブドウ糖果糖糖液が使われているケチャップ…
国産大豆の納豆もたれは、ブドウ糖果糖糖液
がしっかり使われていたり…
このパターンがほとんどです。
パンは大量生産なのでパンケースから
ひっくり返してすぐに飛び出すように
シリコン系のオイルが
パン型に使われているそうです。
設備機械に使われているもの扱いになるらしく
表示義務はないのです。
何のための国産無添加パンなのか?
言葉で消費者を引き付けるためでしょうね。
だから自分で焼くか信頼できる
パン屋さんで購入する方が良いと思います。
早ければ40歳過ぎて、遅くとも60歳過ぎると
若い頃の食生活が体に出てきます。

言葉は使う道具で信じるものではありません。
自分で感じた方向に進まないと…






おまけ;
今朝は朝早くから炭を起こして鮭を焼きました。
5分ガスコンロにかけるだけなので
それほど火起こしは苦になりません。
この夏は、暑くてさすがに一回だけでした。
明日はサンマでも焼いてみましょうかね。
やっぱり炭火で焼くと美味しいです。
あ~こりゃこりゃ!
(#^^#)



スポンサーサイト

comment

Secret

フリーエリア


presented by 地球の名言
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク